トップページ > コンテンツ > リゲッタとは? > リゲッタ 4つの機能

これがリゲッタの
「歩きやすさ」「履きやすさ」
4つの秘密!

1. ルーペインソール

1.ルーペインソール

中足骨サポート

足の横のアーチを支え、
歩きやすさをサポート。

アーチサポート

土踏まずの隙間を埋め、
足にかかる負担を分散。

ヒールカップ

サイドからかかとをしっかり支え、
ブレずに着地できます。

抗菌防臭 クリーンスカイ®

つま先側中敷に抗菌防臭素材を
採用、におい対策も万全。

ルーペホール

インソールとして画期的な薄さを
実現。靴の中が窮屈になりません。

2. ローリング歩行

2.ローリング歩行

ローリングカット

指先に少し力を入れるだけで蹴り出す
力をサポート。つまづきにくい。

ラウンディングカット

広い面積でしっかり地面を捉えることが
可能。力をスムースに前へ送り出せる。

ローリングカット

ラウンディング
カット

2.ローリング歩行

つま先のローリング
カットにより指先に
少し力を入れるだけで
スイッと前へ。

かかとが地面をしっかり捉えて
着地するので体重移動が
スムースに。

ラウンディング
カットの広い面積に
より、かかとから
しっかりと着地。

日本の下駄と同じ原理!

日本の下駄と同じ原理!

3. 足圧分散

リゲッタは、靴の中の足裏の隙間をしっかり埋めるよう設計されたインソールにより、
接地面積を広げ、足圧を足裏全体に分散。足と靴を一体化させ、
「足裏全体を使って歩くこと」を可能にします。

インソールなし

一般的な靴の接地面積

足指のつけ根あたりと
かかとに強い圧力が
かかりやすい傾向です。

インソールあり

リゲッタの接地面積

足裏全体にほどよく
均等に圧力が分散
されるように
設計しています。

4. 指先自由空間

快適な歩行には、足裏のアーチと連動している「足の指の動き」がとても大事です。
リゲッタは、一般的な靴よりも、足の「指先自由空間」を重視し、ゆとりある
フィット感で作られています。

一般的な靴

先端が細い靴ほど
足の指の動きは
制限されてしまいます。

リゲッタ

足の指先が自由に動くので、
「着地」「蹴り出し」という
歩く基本動作も快適に。

ワイズや甲の高さは人それぞれ。
リゲッタは、ワイズを一般的な靴より広めに
設計しています。(メーカー基準の3E相当)
また、付属されたアジャスターでワイズ調整が
可能です。(※)

※一部商品(リゲッタグラマラスなど)のみ、
特別に付属しています。
付属の有無は、各商品ページの「商品詳細」を
ご確認ください。