トップページ > コンテンツ > リゲッタ誕生秘話 > リゲッタ誕生秘話 あとがき

リゲッタ誕生秘話 第25回

Re:getA誕生秘話

リゲッタ誕生秘話 −あとがき−

ここまで読んで頂いた皆さん、本当にありがとうございました!

実はこのコラム、原文を作成したのは2012年の前半なんです。約四年前…。
この頃よりずいぶん角が取れて丸くなり、世間一般で言う「落ち着いた人」になったなぁ…と我ながら思います。
今思い返すと穴があったら入りたいような失敗をいっぱいしてきてますが、 隠れることが出来る穴がなくて(笑)
前に進むしかなかったんでしょうね。

コラム連載をお願いされた際、「毎回イラストを描き下ろしで!」との依頼を受けて少々戸惑いました。
絵を描くのは好きなんですが僕の技術は素人レベルです。
こんな下手くそな絵を皆さんに見てもらってもいいもんなんだろうか…と考えた事もありましたが、
一年続けさせてもらってとても素敵な経験になったと思います。
その時の情景や心境を思い出して、懐かしいなぁ…と思い出しながら下手でも一生懸命描いたのがこのイラストです。
技術的な面でも表現方法でも恥ずかしい気持ちがありますが、
このイラストには当時の感情や今の感情など想いはたっぷり詰まっています。

過去の事のすべてが今に繋がってて、いろんな人とも愛犬とも今の僕や会社、
リゲッタというブランドに繋がってて…、
そんな事を忘れずに記録させてもらえる機会を作ってもらえたことをとても嬉しく思います。

Re:getA誕生秘話イラスト:高本 泰朗

一緒に会社を立ち上げた父は2014年6月13日に73歳で亡くなりました。
たまに会いたくなりますが、父は今、僕の心の中にいてます。
いつ話しかけてもいつもと同じように話返してきますので寂しさはあまりないです。(^-^)

最近では「成功しましたね!」って言われる事が多いのですが、
当の本人はまだ入り口に立ったばかりでまだまだ「成功した!」と言える状態ではありません。
それでも向かう未来の方向性は決まったのでその方向に向かってこれからも進んでいきます。
これからの方が大変でしょうし(笑)。

まだまだ未来のある会社です。
そして製造業、靴を通じて関係する人がたくさん増えて、
その人達を大事に出来て笑顔が増えたらいいな…と思っています。

どうもありがとうございました!

高本やすお

目次に戻る
1年間ご愛読いただきまして、ありがとうございました。
職人 Re:getAデザイナー 高本 泰朗 靴職人 Re:getAデザイナーシューズミニッシュ代表取締役 高本 泰朗

生まれも育ちも大阪の生野区という下町で過ごしてきたデザイナーの高本氏。
靴の専門学校、シューズメーカー数社での企画・デザインの経験を経て、当時靴の下請けであった実家「タカモトゴム工業所」で靴作りに励む。
2101年、後に「リゲッタ」「リゲッタカヌー」などのブランドを手掛ける「シューズミニッシュ」として、靴メーカーを始める。

現在登録されている商品はありません