トップページ > コンテンツ > リゲッタとは? > リゲッタができるまで

リゲッタができるまでの
4ステップ

リゲッタは、木型作成から最後の仕上げまでの各工程を、
大阪のベテラン靴職人たちが、その熟練された腕で、
一足一足、心を込めて手作業で作っています。
リゲッタができるまでの工程を4ステップでご紹介。

STEP 1. デザイン・木型制作

設計図であるデザインを
書き起こします。

歩きやすくて履きやすい
着用感となるよう、
木型を削り起こします。
この工程はわずか
数ミリで履き心地を
変えてしまうので、
職人の経験と知識が
必要となります。

完成した木型に
デザインを
描き入れます。

木型にデザインが
描けたら、実際に裁断
する型紙用紙を作成
します。

STEP 2. アッパー制作

型入れした型紙を生地に
あてがって、アッパー
(靴の底部を除く上部分)
用の裁断をします。


裁断した生地が、
「折り込み」
   ↓
「ミシンがけ」
   ↓
「組み立て」
   ↓
「金具付け」
   ↓
「熱加工」
というプロセスを経て、
アッパーは完成されます。


STEP 3. 圧着作業

「つりこみ」という、
アッパーのくせづけ加工
作業を行います。

つりこみしたアッパーに
のりを塗ります。

アッパーと、靴底である
アウトソールを接着する、
圧着作業を行います。

STEP 4. 検品・出荷

完成したリゲッタは、
シューズ・ミニッシュ
本社で検品後、梱包。

梱包されたリゲッタは、
倉庫に出荷されます。

そして、お客さまのもとへ!